2021年03月16日

一万円札になる渋沢栄一の「晴天を衝け」のBlu-rayラベルを作る





 渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれている。一般的に日本では「資本主義」は悪い意味で使われる。資本主義者というのは、金儲けのためには多少の悪どいことは当然だと考え実行する人のことをいう。
 
 本来、経済学の用語には「資本主義」という言葉はない。「マルクス経済学」には「資本主義」という言葉が使われているが、残念ながら「マルクス経済学」は経済学ではない。あれは共産主義というイデオロギーの仮面にのひとつに過ぎない。いまの時代にマルクス経済学に歴史的な意味はともかく、学問として価値があると思っている人は、どうかしていると思う。経済というのは社会の営み(平たくいうと金勘定)のことであるので、「主義」であるはずはなく、経済用語としては、

自由経済
統制経済

の2つが基本となる。「資本主義」という言葉は、共産主義者が自由経済に貼り付けた禍々しきレッテルなのである。

続きは次をご覧下さい

スポンサーリンク



ブログ用-01.jpg