2019年02月13日

【ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ】『コンスタンティン』から始まった大物映画プロデューサーの軌跡/DVDジャケット



 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラはハリウッドのイタリア系アメリカ人の映画プロデューサーである。もともとワーナー・ブラザースの幹部社員で、その頃に『マトリックス』に関わったという。独立してのち『トランスフォーマー』シリーズの製作を担う。『G.I.ジョー』や『RED/レッド』の製作も担当した。最近では『アメリカン・アサシン』や『MEG ザ・モンスター』も製作している。ワーナー・ブラザース出身だが、製作会社を立ち上げてからはパラマウント配給の映画が多い。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:49 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

【トランスポーター】運び屋をする元特殊部隊員の巻き込まれ型カーアクション/DVDジャケット



 何でも運ぶプロの運び屋を主人公とするカーアクション映画。リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛け、ジェイソン・ステイサムが主人公のフランク・マーティンを演じる。2002年に『トランスポーター』が公開されて、2009年までに続編『トランスポーター2』『トランスポーター3 アンリミテッド』の2篇が製作された。2015年にエド・スクラインを主演にしてリブートした『トランスポーター イグニション』が製作された。ジェイソン・ステイサムの代表作である。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 18:27 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

【ジャウム・コレット=セラ】結末まで気を抜けないスリラーの名手/DVDジャケット



 スペイン出身の映画監督・映画プロデューサー。2005年にジョエル・シルバーによって『蝋人形の館』の製作依頼を受ける。2009年に『エスター』、2011年の『アンノウン』を監督する。2014年に再びリーアム・ニーソンを主演にして『フライト・ゲーム』を監督する。2015年にもリーアム・ニーソンを主演にして『ラン・オールナイト』を監督する。2016年にブレイク・ライブリーを主演に据えて『ロスト・バケーション』を監督する。2018年に再度リーアム・ニーソンを主演にして『トレイン・ミッション』を監督した。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 20:25 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

【ダークナイト】カエサルではなくキンキナトゥスになったブルース・ウェイン/DVDジャケット



 アメリカを代表するアメリカン・コミックヒーロー『バットマン』のリブート実写作品。「ダークナイト・トリロジー」と呼ばれる。2005年にクリストファー・ノーラン監督で第1作目『バットマン ビギンズ』が公開された。2008年にバットマンがダークナイトに堕ちていく様を描いた『ダークナイト』が製作された。ヴイランのジョーカーにヒース・レジャーを配した。ヒース・レジャーはアカデミー賞助演男優賞を受賞する。2012年にトリロジーの締めくくりで『ダークナイト ライジング』が公開された。『ダークナイト』と『ダークナイト ライジング』は興行収入で10億ドルを越えた。単純なヒーローではなく、信念を貫くヴィランの前に心が揺れ動くヒーローの内面を活写し、多大な好評価を得た。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:16 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

【ウォシャウスキー姉妹】マトリックスして兄弟で性転換した姉妹/DVDジャケット



 アメリカの映画監督、脚本家、プロデューサー。最初に書いた脚本『暗殺者』がディノ・デ・ラウレンティスの手で映画化された。主演はシルヴェスター・スタローンで『リーサル・ウェポン』シリーズのリチャード・ドナーが監督した。1996年の映画『バウンド』で監督デビュー。1999年の第2作『マトリックス』が大ブレイクした。『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』とシリーズ化して大きな名声を得た。その後、『Vフォー・ヴェンデッタ』『スピード・レーサー』『クラウド アトラス』『ジュピター』を監督する。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:11 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

【パイレーツ・オブ・カリビアン】ジョニー・デップの金のなる木、5作で45億ドルを稼ぐ/DVDジャケット



 ウォルト・ディズニーのテーマパーク「カリブの海賊」をベースに製作された映画シリーズ。ジェリー・ブラッカイマーの製作で、主演にジョニー・デップをキャストし、2003年に『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』を公開した。もともと3部作の予定で、1作目が好調だったので2006年に2作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』、2007年に3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が公開された。2011年9月にさらに続編の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』が、2017年には第5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』がリリースされた。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:13 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

【ローランド・エメリッヒ】ドイツからやってきたディザスタームービーの第一人者/DVDジャケット



 アメリカで活動するドイツ人映画監督、映画プロデューサー、脚本家。『ユニバーサル・ソルジャー』でハリウッドデビューし、1994年の『スターゲイト』が成功して実績を積んだ。1996年の『インデペンデンス・デイ』が大ヒットした。1998年には『GODZILLA』を監督した。2000年にアメリカ独立戦争を描いた『パトリオット』を監督し、2004年に地球温暖化で世界が凍るというテーマで『デイ・アフター・トゥモロー』を製作して成功する。これ以降エメリッヒはパニック映画の第一人者としたの地位を確立する。その後『紀元前1万年』『2012』、『インデペンデンス・デイ』の続編『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』を製作した。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:03 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

【マーベル・シネマティック・ユニバース3-2】アベンジャーズは無限から永遠に?/DVDジャケット



 アベンジャーズシリーズのフェーズ3の後篇を構成する映画をまとめるためのカバーを作成した。いままで6作品でまとめていたが、アベンジャーズの場合はたまたまフェーズ1、フェーズ2ともに6作で構成されていたので、DVDカバーはたまたまフェーズと合致していたのである。しかしフェーズ3は10作品あり、フェーズ3だけとしフェーズ3のタイトルを分割するか、そのまま6タイトルのままフェーズを無視して構成するのか、何れかとなる。しかし、フェーズ4以降はどうも完全に仕切り直しとなりそうなので、フェーズ3のみ4枚組で構成することにした。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 20:52 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

【ダニー・ボイル】『スラムドッグ$ミリオネア』でオスカー8部門を制覇した男/DVDジャケット



 イギリスの映画監督・映画プロデューサー。アメリカに進出する前は『トレインスポッティング』などで、ユアン・マクレガーを起用した映画を監督。ハリウッドに進出後、2002年にキリアン・マーフィを主演にして『28日後...』が世界的にヒットする。SFホラー映画『サンシャイン 2057』を監督の後、2008年公開の『スラムドッグ$ミリオネア』でインドの貧困を描きアカデミー賞8部門を総なめした。2010年には登山家アーロン・ラルストンの体験を映画化した『127時間』で英国アカデミー監督賞にノミネートされた。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:28 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

【アンダーワールド】ベッキンセイル演じるクールな吸血鬼の処刑人セリーン/DVDジャケット



 アンダーワールドの原作はルシアンの右腕であるレイズを演じていたケヴィン・グレヴィオーの案で、監督のレン・ワイズマンと共同でストーリーを組み上げた。企画時にストーリーが膨らみ、前後篇で企画されたが、1作目の『アンダーワールド』が好調で、すぐに続編の『アンダーワールド: エボリューション』の製作が決まった。その後、ルシアンとソーニャの前日譚『アンダーワールド ビギンズ』が製作され、その後、『アンダーワールド: エボリューション』の続編として『アンダーワールド 覚醒』と『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』が製作された。ケイト・ベッキンセイルの出世作のシリーズである。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:15 | Comment(0) | DVDジャケット カバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする