2017年07月09日

【13時間 ベンガジの秘密の兵士】バラクとヒラリーに見捨てられたCIAの秘密基地



 2011年にリビアで独裁者として君臨したカダフィの政権が倒された。カダフィを打倒したリビア国民評議会はベンガジに拠点があり、そこにアメリカ領事館とCIAの秘密基地があった。同じ年、アメリカで「イノセンス・オブ・ムスリム」というモハメッドを卑しめる映画が公開された。イスラム教徒がアメリカへの敵意を剥き出しにし、リビアのベンガジにいたアメリカ領事館を襲撃する。CIAの秘密基地にいた元アメリカ軍の兵隊が領事館にいた大使を救援に向かう。ここから13時間に渡るイスラムの過激派と元軍人の熾烈な戦闘が開始される。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

【ジェイソン・ボーン】アルジャーノンのスパイ映画版だったのか



 三部作で終わったとされたジェイソン・ボーンシリーズが再起動した。前作からおそらく十年以上が過ぎて、人目を逃れて生きてきたジェイソン・ボーンがCIAの陰謀に巻き込まれて、人間兵器ジェイソン・ボーン誕生の謎と、トレッド・ストーン作戦での父親の関与を知る。デイヴィッド・ウェッブがジェイソン・ボーンになった秘密が明らかになる。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

【ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー】カイバー・クリスタルが全ての鍵だった



「スター・ウォーズ」の版権がジョージ・ルーカスにある間、スピンオフ作品は境界線上にあった。スピンオフは小説であったり、アニメであったりするが、必ずしも映画と同じ世界のものとは限らず、同人誌にあるような二次作品的な扱いであった。正式に公開された映画のみを「正史」とし、それ以外は「野史」の扱いであった。もちろん小説もアニメもルーカスフィルムの許諾を得て製作されているが、それでも継子扱いであることはかわりなかった。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スター・ウォーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

【ゲーム・オブ・スローンズ】手抜きして作るシーズン4,5,6のDVDカバー



『ゲーム・オブ・スローンズ』のDVDラベルの画像データはいくつもネット検索するとヒットするが、けっこう見当たらないものがDVDカバー(ジャケット)である。『ゲーム・オブ・スローンズ』はシーズン6までは全10話、DVDで5枚セットなので、6枚収納ケースに入れると丁度いい。

170419-01.jpg


続きは次をご覧下さい

2017年04月16日

【Star Wars: The Last Jedi】謎が謎を呼ぶスター・ウォーズ8のTeaser Trailer



 「Star Wars: The Last Jedi」の最初のトレーラーが、IMDbに三つ上がっている。一つはオリジナルで、もう一つは編集したTeaser Trailerに映画監督のケヴィン・スミスがコメントを加えたものである。もう一つは「10 Questions About the 'Star Wars: The Last Jedi' Teaser Trailer」としてIMDbが編集したものだ。

「10 Questions About the 'Star Wars: The Last Jedi' Teaser Trailer」ではオリジナルのトレーラーの画面の下にテキストが配置されて、視聴者にエピソード8の疑問を投げかけている。

170416-00.jpg


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スター・ウォーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

【ゲーム・オブ・スローンズ】後先を考えない王殺しのジェイミー・ラニスター



 ラニスター家の世継ぎで、サーセイの双子の弟、そしてサーセイとの近親相姦によって、ジェイミー・ラニスターはバラシオン家のジョフリー、ミアセラ、トメンの実父である。狂王エイリスはジェイミーをラニスター家の世継ぎとしての資格を剥奪するために、彼を王の盾とした。狂王エイリスの壊乱によってロバートの反乱が起こり、首都キングスランディングを火素によって灰燼にしようとしたエイリスを後ろから刺したことで「王殺し(キングスレイヤー)」の汚名を浴びることになった。ジェイミー・ラニスターはニコライ・コスター=ワルドーが演じている。


続きは次をご覧下さい

2017年04月13日

【ゲーム・オブ・スローンズ】ル=ロールの女祭司はカリス・ファン・ハウテン



 スタニス・バラシオンに助言する怪しい女祭司としてメリサンドルが登場する。スタニスはメリサンドルの魔力を借りて、弟のレンリー暗殺し、さらにスタニス以外の王を僭称するロブ・スターク、ジョフリー・バラシオン、ベイロン・グレイジョイを王家の血を生け贄にして呪いをかけた。ロブ・スターク、ジョフリー・バラシオン、ベイロン・グレイジョイは3人は、シーズン6までに全て殺された。


続きは次をご覧下さい

2017年04月11日

【ゲーム・オブ・スローンズ】ティリオン・ラニスターのピーター・ディンクレイジ



ゲーム・オブ・スローンズ」の中でもっとも異彩を放つキャラクターは、なんといってもティリオン・ラニスターだろう。西武総督タイウィン・ラニスターの次男で発育不全のために「小鬼」とか「半人前」と呼ばれている。ドラマでは自らを「ドワーフ」と呼ぶが、いわゆる小人症。ピーター・ディンクレイジも小人症で身長は135センチメートルである。


続きは次をご覧下さい

2017年04月08日

【ゲーム・オブ・スローンズ】ホワイト・ウォーカーとドラゴンの歌



ゲーム・オブ・スローンズは、SF作家ジョージ・R・R・マーティンの壮大なファンタジー「氷と炎の歌(A Song of Ice and Fire)」を原作とするHBOのドラマシリーズである。原作は完結しておらず、あとから始まったTVドラマに追いつかれてしまった。原作があって映像化した場合は、原作ファンの突っ込みが厳しいが、「氷と炎の歌」については、ドラマ化された『ゲーム・オブ・スローンズ』こそが「原作」と言われるようになりそうだ。


続きは次をご覧下さい

2016年10月30日

【オデッセイ】やっぱり火星は遠かった



 NASAが想定する火星でのサバイバルを描いたハードSF『火星の人』をリドリー・スコットが映画化したものが「オデッセイ」である。火星への有人ミッションで事故のため、ただ一人取り残された宇宙飛行士マーク・ワトニーが過酷を極める火星上で約一年半を生き延びて、地球から救助される様を描く。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする