2010年01月31日

【2012】マヤ暦の地球滅亡予言で一稼ぎ、エメリッヒのディザスタームービー



 ローランド・エメリッヒ監督のSF破滅もの第三弾。『インデペンデンス・デイ』を破滅ものにカテゴライズしていいのかは別にして、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』に続くディザスタームービー。破滅ものは映像で迫ることができるので、話題性を集めやすい。勝負は、観客が想像したこともないトンデモ映像をどこまで提供できるのかという点に集約される。

 続きは次をご覧下さい
タグ:2012
posted by jin-k at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(3) | SF破滅もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

【セントアンナの奇跡】ゴシック線の実話で知るイタリア戦線



 第二次世界大戦中、イタリア戦線で戦った黒人兵部隊、第92歩兵師団の兵士の目を等して描くヒューマンドラマ。虐殺にあった村の生き残り少年と黒人兵の心が通い合う姿をテーマに、当時のイタリア戦線の有り様をスパイクー・リーが現代に蘇らせる。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第二次大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

【BONES シーズン4】ゲスト、ジーナ・トレスとバーナード・ホワイトの共通点



 アメリカのテレビドラマは、だいたい放送回にごとに、特別ゲストが登場することが多い。特別ゲストはテレビだけでなく、ハリウッド映画で配役されているので見覚えのある役者も少なくない。とくに『BONES』のような1話完結のドラマではその傾向が強いようだ。エピソードを楽しむと同時に、登場するゲストも楽しみの1つだろう。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

【アバター】ジェイクはなぜナビィに逃避するのか



 『アバター』という映画は、一にも二にも、誰もが想像し得ない異世界の構築がテーマである。ストーリーに主たるテーマはない。敢えて言えば『アバター』は映像革命を伴った、新しい時代の叙事詩であるといってよい。日本の映画評論家は『アバター』を真正面から理解できないようでなかなか困ったものである。はてさてオスカーはどうなる。

 続きは次をご覧下さい
タグ:アバター
posted by jin-k at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

【G.I.ジョー】シエナ・ミラーはアクション映画のニューヒロインになるか



 スティーヴン・ソマーズ監督のアクション大作。ハムナプトラシリーズ、『ヴァン・ヘルシング』は過去に題材をとったが、今回は近未来を舞台に最新兵器を駆使した戦闘アクションが繰り広げられる。G.I.ジョーと世界制覇を企む武器商人との戦いがスピーディなテンポで展開する。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

【ロスト・キングダム/スルタンの暦】ウマル・ハイヤームで終わったペルシャの科学



 珍しい中世のペルシャ帝国を舞台にした映画。11世紀から14世紀にかけてペルシャ地方にあったセルジューク朝初期の人物として高く評価されるウマル・ハイヤーム(オマル・ハイヤーム、OMAR KHAYYAM)を主人公に据えて、最盛期のペルシャを舞台にする。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中東史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

【007/慰めの報酬】「QUANTUM」の黒幕はジョージ・ソロスか?



 ダニエル・クレイグジェームズ・ボンドを演じる新生007第二弾。南米ボリビアを舞台に傷ついたボンドの心は、同じトラウマを抱える同志を得てさらに頑なになっていく。ボンドガールにオルガ・キュリレンコ、敵役にマチュー・アマルリックを迎えて秘められたボンドの復讐心はさらに燃え上がる。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

【ウルフマン】毛皮交易しかなかったイギリス植民地時代のカナダ



 この映画はキャサリン・イザベルエミリー・パーキンスの姉妹が狼人間にかまれて変身してしまうという映画の仕切り直し版である。2000年に『ジンジャー スナップス(原題:GINGER SNAPS)』、その続編として2004年にエミリー・パーキンスを主人公にした『ウルフマン リターンズ(原題:Ginger Snaps: Unleashed)』が制作されていて、時代を変えてリメイクしたもの。

 続きは次をご覧下さい
タグ:ウルフマン
posted by jin-k at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

【アバター】異世界映像のリアリティを極める映画だった



 『ターミネーター』で一躍脚光を浴び、『エイリアン2』でSF映画監督として不動の地位をものにしたジェームズ・キャメロンが再び3Dを武器にして取り組んで監督した映画が『アバター』である。劇場公開映画としては『タイタニック』以来になるが、『ターミネーター2』から数えると18年ぶりのSF映画となる。

 続きは次をご覧下さい
タグ:アバター
posted by jin-k at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

【パトリオット】独立戦争に隠されたチェロキー族の悲哀[2]



 ベンジャミン・マーティンは独立戦争が起こってもすぐさま大陸軍に加わらなかった。独立戦争といっても、それは後から付けた名前であって、当初はアメリカにあるイギリス植民地人の反乱でしかなかったからだ。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

【パトリオット】フランシス・マリオンとバナスター・タールトン[1]



 『パトリオット』はアメリカ独立戦争を舞台にした映画。独立戦争はアメリカの植民者とイギリス本国との戦い。アメリカ大陸軍の立場にたてば、赤服のイギリスは敵役になるため、ハリウッド映画では取り上げにくいテーマになる。日本人やドイツ人のように、イギリス人を安易に敵にすることは難しいからだ。監督のローランド・エメリッヒはドイツ人なので、イギリス人を敵とする映画にはそれほど抵抗がなかったに違いない。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

【ドゥームズデイ】ニール・マーシャルはローナ・ミトラに何を見た



 2008年4月3日、スコットランドのグラスゴーで正体不明のウイルスが蔓延する。致死性と伝染性が極めて高く、ワクチンが開発できないために、イギリス政府は、かつてローマ時代にあったハドリアヌスの壁(長城)より以北を鉄壁で封じ込めた。そして27年後の2035年、ロンドンで再び同じウイルスが発見される。ウイルスで死滅したはずのグラスゴーで人影が見いだされていて、ウイルスのワクチンを求めて、特別部隊が編成されグラスゴーに向かう。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

【大秦帝国】法治国家秦の始まりは商鞅と孝公にあった



 『大秦帝国』は、始皇帝による秦の中華統一の基礎を築いた孝公と商鞅をテーマにしたドラマ。もともと51話のドラマらしいが、DVD用に全五話に再編集されたものの第一話を観た。孝公は見たことがあると思ったら、『レッドクリフ』で魯粛を演じた侯勇(ホウ・ヨン)だった。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

【HEROES シーズン3】ジャケットの裏面を作成する[ジャケット作成講座4]



 ジャケットの裏面には、収録するエピソードのタイトルと簡単なストーリーの紹介を掲載したい。それ以外にもスタッフやキャストも掲載したい。しかし、3枚目のケースには6枚のDVDを入れるため12エピソードを収録しなければならない。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVDジャケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

【HEROES シーズン3】ジャケットの背を作成する[ジャケット作成講座3]



 ジャケットの背も、印刷物からスキャンして作成することにした。同じようにショップの店頭で配布しているトールケース用の印刷物があったので、これを使う。トールケースのジャケットになっているので、製品の背と同じようにデザインされているのである。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVDジャケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

【HEROES シーズン3】ジャケットの表紙を作成する[ジャケット作成講座2]



 最初に手を付けたのは、Photoshopでベースとなるテンプレートファイルを作成することだった。というのは、最初はPhotoshopで作成しようか、Illustratorも使うのかということを決めていなくて、Photoshopだけで作成しようと思っていたからである。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVDジャケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする