2017年07月09日

【13時間 ベンガジの秘密の兵士】バラクとヒラリーに見捨てられたCIAの秘密基地



 2011年にリビアで独裁者として君臨したカダフィの政権が倒された。カダフィを打倒したリビア国民評議会はベンガジに拠点があり、そこにアメリカ領事館とCIAの秘密基地があった。同じ年、アメリカで「イノセンス・オブ・ムスリム」というモハメッドを卑しめる映画が公開された。イスラム教徒がアメリカへの敵意を剥き出しにし、リビアのベンガジにいたアメリカ領事館を襲撃する。CIAの秘密基地にいた元アメリカ軍の兵隊が領事館にいた大使を救援に向かう。ここから13時間に渡るイスラムの過激派と元軍人の熾烈な戦闘が開始される。


続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする