2009年11月12日

【スター・トレック】2009年度版はスポックに始まりスポックに終わる?



star trek.jpg J・J・エイブラムスがメガホンをとって新しく製作された「スター・トレック」は、旧作との違いを際ただせるための工夫がなかなか生々しい。若き日のカークとスポック、マッコイの出会いを描くだけではなく、全く新しいシリーズとして真っ白のカンバスを手に入れる必要があったので、レナード・ニモイも登場することになった。

 ブラックホール○○○○○○説はかなり無理があるが、こうするしかなかったのだろう。いままでのテレビや映画で放映された内容を踏まえた形でリメイクしてシリーズ化することの方が、もっともっと無理があるからだ。過去のテレビドラマ「宇宙大作戦」のカーク船長につないでいく必要はないかもしれない。父親のいなかった今度のジム・カークは、ウィリアム・シャトナーが演じたカーク船長とはまた別のキャラクターになりそうだ。

 star trek box.jpg 主役のカークをクリス・パイン、スポックをザカリー・クイントという無名の俳優を起用し、脇役にエリック・バナ、ウィノナ・ライダー、カール・アーバン、ブルース・グリーンウッドで固めた。ウィノナ・ライダーなんて、スポック母親役だもんね。

 ザカリー・クイントはアメリカのテレビドラマ「HEROES」の悪役サイラーとして登場するほか、「24 シーズン3」でもミッシェル・デスラーの部下、アダム・カウフマンとしても登場する。テレビでの出演は多いので、日本でも馴染みがあるがハリウッド大作はこれがはじめて。

 また、ちょい役でレイチェル・ニコルズも登場する。ウフーラのルームメイトのゲイラという緑色の肌をした異星人である。彼女はエンタープライズ以外の船に乗船したようなので、もう登場することはなさそうだ。





posted by jin-k at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スター・トレック■SF映画の魅力満載!
Excerpt: SF映画の魅力のひとつにビジュアル効果がある。絵としての魅力である。作家がそのことを理解して作り上げたのが「2001年宇宙の旅であり、「スター・ウォーズ」である。とりわけ「スター・ウォーズ」の冒頭シー..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2009-11-13 17:55

『スター・トレック』'09・米
Excerpt: あらすじ自らを犠牲に、800人の乗員の命を救った伝説のキャプテンを父に持つ若者ジェームズ・T・カーク。偉大な父親の道をたどることを決意した彼は一士官候補生としてUSSエンタープライズ号に乗船するが・・..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-11-14 16:05