2012年01月14日

【世界侵略:ロサンゼルス決戦】海兵隊はジョン・ウェインがお好き



 1942年にロサンゼルスに襲来したと言われる未確認飛行物体の事件を背景に地球の資源を狙った宇宙人に世界的規模で侵略される中、ロサンゼルスで侵略に立ち向かう海兵隊の1小隊の活躍を描いたもの。侵略もののディザスタームービーというより、現代ものの戦争映画。公開前の評価は今ひとつだったが、期待せずに観ると決してまずくなかった。

  監督のジョナサン・リーベスマンはけっこう正直で、この映画のソースとして3つの映画をリストしている。

ブラックホーク・ダウン
プライベート・ライアン
ユナイテッド93


120114-01.jpgである。アーロン・エッカートが主演のナンツ二等軍曹。部下を死にやって(おそらくイラク)悩めるナンツ二等軍曹は、「プライベート・ライアン」のミラー大尉からインスピレーションを得たものだろう。サンタモニカの前線基地から装甲車とハンヴィーで移動し、がれきの中で戦うシーンは「ブラックホーク・ダウン」の戦闘シーンに近い。最後のモハーベ砂漠のシーンも「ブラックホーク・ダウン」である。「ユナイテッド93」はよくわからない。

 この映画はSFであるが、実際には戦争映画のテイストで作成されている。アメリカ軍も戦う相手が地球上にはいなくなってしまい、宇宙人と戦うしかなくなったといえそうだ。イラクやアフガニスタンでの戦争を扱うと、シリアスな映画になってしまうので、アメリカ軍の活躍を描くために、絵空事の世界を用意したといえそうだ。あまりに破壊力をもった敵だと戦闘にはならないので、アメリカ軍より少し強い程度のエイリアンが設定された。

 主人公となるのは、ペンドルトン海兵隊航空基地に配備されている海兵隊で、もう少し詳しく言うと

第1海兵遠征軍第1海兵師団第5連隊第2大隊E(エコー)中隊

である。ラモン・ロドリゲスのマルティネス少尉はE中隊にある小隊の隊長である。一般的に小隊は40名程度なので、彼は小隊の中の1分隊を率いて民間人の救出に向かう。分隊だと下士官も含めて15名程度。彼は最初の任務だったので、小隊の指揮ではなく分隊の指揮を任されたのだろう。通常、分隊長は軍曹が受け持つはすだ。

 けっこう脚本は海兵隊らしい内容になっている。たとえば冒頭でナンツ二等軍曹が退役を申し出るのは彼が20年勤続したからでもある。海兵隊では20年勤続すると名誉除隊となるので、彼が潮時だと考えたのは至極当然だろう。

 また海兵隊員はスナイパーとしての訓練を受けるので、機銃を無闇に乱射することは少ない。ミシェル・ロドリゲスのサントス技能軍曹がすぐに玉切れするのは、彼女が空軍で銃をやたらと撃ちまくっているからだろう。

 警察署からバスに乗ったあと、無人機に見つかり、ナンツ二等軍曹が無人機を誘導するシーンがある。ナンツが「無人機でした」とマルティネスに報告すると少尉は

まるでジョン・ウェインのようだった

とつぶやく。このときのマルティネス少尉の複雑な表情は興味深い。本来であれば、無線で無人機を誘導するという作戦は少尉が部下に命令するべきものだった。ところがナンツは上官の許可も取り付けずに独断で作戦を行う。少尉は士官学校の成績はトップでも、実践の指揮官として力量が不足していることを痛感したのではないか。もちろんここではナンツは若い士官を教育するために、あえてスタンドプレイを行っているという感じだろう。

 遠い宇宙の彼方から侵略にくるわりには宇宙人は強くない。体に銃が埋め込まれているのに銃撃は下手。無線の探知はするくせに熱探知はしなかったりする。あまりに強すぎる侵略者では戦争映画にならないからだろう。現代軍隊の戦闘最前線を知る上では、なかなか楽しめるアクション映画だった。エイリアンの体液を飲んでしまったサントス軍曹が、エイリアンに変身してしまうというような続編はなさそう。


映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』予告編



◆世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]
http://amzn.to/y6xKlB

◆世界侵略: ロサンゼルス決戦[Wikipedia]
http://bit.ly/AoOhyw

◆お奨めDVDラベル[Ran's DVDカスタムレーベル]
http://405ran.blog14.fc2.com/blog-entry-742.html





posted by jin-k at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246148904

この記事へのトラックバック

2011年ベスト10 第 5位 世界侵略:ロサンゼルス決戦
Excerpt:  本日は、2011年度ベスト10の続きを発表したいと思います。では、2011年度の第5位を紹介します。 【題名】 世界侵略: ロサンゼルス決戦 【鑑賞手段】 映画館 【おすすめ度】 ..
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-08-07 12:49