2010年01月19日

【ロスト・キングダム/スルタンの暦】ウマル・ハイヤームで終わったペルシャの科学



 珍しい中世のペルシャ帝国を舞台にした映画。11世紀から14世紀にかけてペルシャ地方にあったセルジューク朝初期の人物として高く評価されるウマル・ハイヤーム(オマル・ハイヤーム、OMAR KHAYYAM)を主人公に据えて、最盛期のペルシャを舞台にする。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中東史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする