2010年02月12日

【コンクラーベ 天使と悪魔】ロドリーゴ・ボルジアとコンクラーベ



 中世ルネッサンス期のイタリア、ローマ教皇を選ぶコンクラーベ(コンクラーヴェ、教皇選挙)が行われる。フランスはルーアン出身の枢機卿デストゥトヴィルと、シエナ出身のピッコローミニが激しく対立。後にアレクサンデル6世となるロドリーゴ・ボルジアの視点から、コンクラーベでの駆け引きを描く。

 続きは次をご覧下さい
posted by jin-k at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする